第1349回例会

2020年06月11日 12時15分
静内エクリプスホテル2階

6月11日、17週間振りに昼例会を開催する事ができました。

会場をいつもより大きくして、席はスクール形式でスペースを広く空け、会員の殆どがマスク姿で参加しました。

  • 役員もソーシャルディスタンシング…

愛の缶詰開封

2020年06月11日
ライオンズクラブ事務所

6月11日の久し振りの例会の後、社会奉仕委員会の委員4人が事務所に集まり、各会員から回収した「愛の缶詰」を開封しました。愛の缶詰は寄付用の貯金箱で、事業所でレジ隣に置く会員もいれば、自分で少しずつ貯めて行く会員もいて、使い方が様々です。今年度は会員46人から計68,508円を貯める事ができました。

  • 愛が一杯詰まった缶

町COVID-19支え合い基金に寄贈

2020年05月27日 10時00分
新ひだか町役場

5月27日、会長L菅沼学、幹事L竹内昌之と会計L伊藤智之が新ひだか町役場の町長室を訪問し、「新ひだか町新型コロナウイルス感染症対策支え合い基金」に1,000,000円を寄贈しました。

基金はコロナウィルスが社会経済活動を支援と医療機関、介護施設等への感染症対策物品の提供などに使われる予定です。

  • 会長L菅沼学から目録を受け取る新ひだか町長L大野克之

奨学資金・図書購入資金贈呈

2020年03月25日 10時00分
新ひだか町役場

北海道での新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が一時解除され、3月25日に会長L菅沼学他3名が新ひだか町役場を訪れ、毎年恒例の奨学資金と図書購入資金を寄贈しました。

  • 社会奉仕委員長L石井健一・幹事L竹内昌之・会長L菅沼学・新ひだか町長L大野克之・新ひだか町教育長の高野卓也氏

献血の呼び掛け

2020年03月12日〜05月18日
4回・町内各所

新コロナウィルスの自粛下でも行い続けたのは献血の呼びかけです。3月12日の緊急事態宣言中は、会長L菅沼学が新ひだか町役場とイオン静内店の周辺を広報車で廻り、1人で対応しました。自粛要請が少し緩和され、4月21日のしずない農業協同組合、コープさっぽろ静内店、静和会石井病院、4月24日の新ひだか町公民館と北電ネットワーク静内、5月18日の静内警察署と日高得洲会病院は、献血推進委員会の委員がマスク着用などして呼び掛けを手伝いました。

  • 新ひだか町役場前

第1345〜1348回例会《対面開催中止》

2020年02月27日〜05月28日

新型コロナウィルスCOVID-19の緊急事態宣言とイベント中止要請を受け、第1345回の2月第二例会から5月末まで例会の開催を自粛しました。第1346回の3月第二例会、第1347回の4月第二例会、第1348回の5月第二例会は、資料を郵送して、文面で審議を行う事となりました。また起稿の委員会を開く事ができなくて、会報の発行もしばらく休止しました。

第1344回例会【ゲストスピーチ】

2020年02月13日 12時15分

2月13日、2月第一例会が静内エクリプスホテルで開催され、新ひだか町保健福祉センター健康推進課主任保健師の角野かなえ氏をゲストスピーカーとして迎えました。

例会当日は道内で新型コロナウィルスの患者がまだ1月末に発覚した1人で、これが6月まで最後の例会となる事を誰も想像していませんでした。

  • 会長L菅沼学の挨拶

第1343回例会【長期皆出席者感謝祭】

2020年01月23日 18時00分
ホテルローレル2階

1月23日、長期皆出席者感謝祭が移動例会としてホテル・ローレルで開かれました。

例会は上半期の会計支出報告と監査報告を受け、承認しました。長期皆出席者とは25年以上アテンダンス100%を果たしている会員で、今回は34年間継続して皆出席しているL上水典明と、32年間のL野村高明を讃えました。

  • 会長L菅沼学の開会ゴング

を購読